ベビー布団の選び方













ベビー布団を選ぶポイント

ベビー布団のセット内容は、シンプルな5点セットから充実した12点セットまで、
それぞれのベビー布団セットによって異なります。
セット内容をよく吟味し必要な物を選びましょう。

チェックポイント【1】キルトパットや防水シーツはついてる?

組み合わせにもよりますが、セット内容に含まれていなければ、買い足すことをお勧めします。
ミニサイズのベビー布団セットには含まれていないことが多いです。


チェックポイント【2】洗い替え用のアイテムはついてる?

掛け布団や肌布団用のカバーは汚れづらく洗濯の頻度も少ないため、
特に洗い替えを準備する必要はないですが、敷布団用のフィットシーツやその下のキルトパットや防水シーツは
赤ちゃんの吐き戻しやお漏らしで汚れる頻度が高く、洗濯の頻度も高いので買い足すことをお勧めします。
洗い替え用にフィットシーツが2枚ついているセットも増えてきています。


チェックポイント【3】一年中使える?

お布団セットの内容に肌布団、掛け布団と上にかけるお布団として、
厚手の物と薄手の2枚が入っているものがあります。
2枚の組み合わせで温度を調節し、寒い冬も過ごすことが出来ます。
ただ、夏場は肌布団だけでも赤ちゃんにとっては暑いので、
ガーゼケット、タオルケット等、さらに涼しく過ごせるアイテムを追加しましょう。
バスタオルでも代用は可能です。


ちょっとアドバイス!

夏場のご購入だと、しばらく暑いからと敷布団とフィットシーツだけを購入されるお客様もいらっしゃいますが、
実はベビー布団は敷布団と掛け布団がセットで販売されていることが多いのです。
つまり、後々寒くなってきたら掛け布団を買い足そうと思っていても、
なかなか単品の掛け布団が見つけられず、結局セット組になっている物を購入することになり
高くついてしまうこともあります。
また、単品での購入はセット組での購入よりそれぞれ割高です。
出来ればセット組になっているベビー布団セットを初めに購入し、
綿毛布やガーゼケットなどの小物を買い足す事をおすすめします。



















 

月齢別で探す

ページトップへ