初めてのチャイルドシート選び Q&A

■チャイルドシートの着用義務について
■チャイルドシートはどうして必要なの?
■チャイルドシートの構造を理解しましょう
■チャイルドシートの種類は?
■チャイルドシートを選ぶポイント
■車種って何?車種の確認方法は?
■ISOFIXってなあに?
■ブランドについて
 

チャイルドシートの着用義務について

平成12年年4月から、6歳未満の子どもが乗車する際はチャイルドシートを着用することが義務づけられました。
抱っこだけでは、万が一の時、大きな衝撃がかかり、お母さんの腕ではその大きな衝撃から赤ちゃんを支えることができません。
産後、車で帰宅する時から、チャイルドシートは必要になります。
違反した場合は、幼児用補助装置義務違反として、違反点数1点が付されます。
(ただし、一部除外されています。)
妊娠中に必ず準備しておきましょう。
 

⇒★新生児から使えるチャイルドシートを探す★

チャイルドシートはどうして必要なの?

チャイルドシートを着けないと死亡率が4倍!
6歳未満の子供が乗車中、チャイルドシートを着用せずに事故に遭遇すると、着用している場合と比べて死亡率が約4倍にもなることが統計から明らかになっています。
日ごろは必要性を感じることが少ないかもしれませんが、万が一の時、お子様を守るための必須アイテムです。



また万が一の際の衝撃に備えて、チャイルドシートは大切な頭部への衝撃を軽減されるように
設計されています。
お子様を守るために、チャイルドシートは必ず利用しましょう!


誤使用にも気をつけましょう!
JAF(社団法人日本自動車連盟)が2009年に実施した、チャイルドシートの取り付け状況の調査※によると、
「しっかり取り付け」が29.6%、「ミスユースあり」が70.4%という実態が明らかになりました。
せっかくチャイルドシートを付けていても、正しく取り付けていなければ、かえって危険。
誤使用を防ぐためにも、購入前に必ず車との適合性を確認し、取扱説明書をよく読み、十分に使用方法を理解して利用しましょう。
使用前に毎回緩みがないかチェックしましょう。
※調査台数:チャイルドシート418台(うち幼児用シート216台)

チャイルドシート購入に関するご相談は「赤ちゃんタウン」までお気軽にご相談下さい。
メール:こちらのフォームをご利用ください。
TEL:0120-182-311(電話受付時間 月〜金:午前11時〜午後5時 土日祝:休業)

チャイルドシートの構造を理解しましょう


背もたれ 赤ちゃんを正面、後ろからの衝撃から守ります。
背が高い方が長く使えます。
サイドサポート 側面からの衝撃から守る部分。
背もたれ同様、大きめで赤ちゃんを包みこむものがベスト。
ハーネス 赤ちゃんの飛び出しを防ぎます。
赤ちゃんのおなかを圧迫、しめつけないよう工夫されているタイプも。
バックル 手早く付け外しができるタイプがおすすめ。
インナークッション 赤ちゃんを衝撃から守り、振動をやわらげます。
汚れやすいので丸洗いできるものを。

チャイルドシートの種類は?

チャイルドシートは、お子様の使用年齢と体重に合わせて、細かく種類が分かれています。
各ご家庭の使用開始時期に合わせて商品を選びましょう。
また、それぞれの機種によって耐荷重と使用対象年齢が異なりますので、しっかりチェックしてから購入しましょう。

下記に代表的な種類を紹介させて頂きます。

種類
対象年齢
(耐荷重)
写真 説明
幼児用
(チャイルドシート)


1歳〜4歳ごろ
(体重9〜18kg)
幼児の首が座り、自分自身で座れることが、使い始めの目安です。
⇒★商品を見る★
学童用
(ジュニアシート)


3歳〜11歳ごろ
(体重15〜36kg)
おしりの位置を高くし、大人用シートベルトが正しい位置にかけられるようにします。
おしりに敷くタイプと背もたれ付きタイプがあります。
⇒★商品を見る★
乳児・幼児兼用
(ベビー&チャイルドシート)


新生児〜4歳ごろ
(体重18kg未満)
従来のリクライニングシートタイプに加え、幼児の時期に「前向き」で乳児の時期に「後ろ向き」で使用する、シート回転タイプも人気です。
⇒★商品を見る★
幼児・学童兼用
(チャイルド&ジュニアシート)


1歳〜11歳ごろ
(体重9〜36kg)
成長に合わせてクッションを取り外し使用します。
背もたれを成長に応じて外してご使用頂けるタイプもあります。
⇒★商品を見る★

●生活スタイルや、使用頻度を考えて、シートタイプを選びましょう!
チャイルドシートを購入する前に、どのくらい車をご使用になるかや、お子様のご年齢を確認し、
シートタイプの絞込みをしていきましょう!


チャイルドシートを選ぶポイント

[安全性の確認をしましょう!]

2012年7月から、チャイルドシートの安全基準が変わりました。
現在の安全基準 "ECE R44/04" は、元々ヨーロッパの統一基準であることから、「ヨーロッパ基準」「EC基準」などとも呼ばれています。
製品の安全基準をしっかりチェックしましょう。

<新安全基準について>

※画像リーマンHPより



[適合車種を確かめましょう!]
取り付ける車の座席とチャイルドシートの適合性を必ず確認しましょう。
適合していない製品は取り付けられません。

<当店のホームページでの車種の確認方法>
各商品ページの「製品の仕様」のコーナーの下記ボタンをクリックして下さい。


適合車種が分からない時は当店までお気軽にお問合せ下さい。
メール:こちらのフォームをご利用ください。
TEL:0120-182-311(電話受付時間 月〜金:午前11時〜午後5時 土日祝:休業)


[重さを確かめましょう!]
ママ1人で付け替えする回数が多いことが想定される場合は、付け替えしやすい重さのものを選びましょう。
また、帰省シーズンにおじいちゃんやおばあちゃん、親戚の方の車で出かけるなど、乗せ替えることが多い場合も軽量なものがお勧めです。


[機能や手入れ方法を確認しましょう!]
取り付けしやすいか、乗せ降ろしするスペースは大丈夫か、リクライニングは簡単かなど、それぞれの機能を確認しましょう。
ベビーと2人で頻繁に車にのる方は、ワンタッチ回転式などの機能もおすすめです!


[赤ちゃんの乗り心地を確認しましょう!]
ベッド型タイプ、シートの通気性、クッション性、頭まわりの安定感など、赤ちゃんの乗り心地をチェックしましょう。
長時間車に乗られる方は、通気性のよいメッシュ生地もおすすめです。

車種って何?車種の確認方法は?

[まずは、マイカーの車種を知りましょう!]
車種を正確に把握するために、車検証をご確認下さい。
車検証内の以下の項目を確認しましょう。

A「初年度登録年月」(軽自動車の場合は「初年度検査年月」)
B「型式(ハイフン以降の英数字)」


<型式の表記について>
ハイフン以降の数字を「#」に置き換え、また英数字を省略し、複数の形式を統合して記載している車種があります。



注)同じ年式・型式でもグレードや装備オプション等により適合可否が異なる場合があります。
注)車検証の型式欄Bに「不明」と記載されている場合(並行輸入品等)は仕様の特定ができないため、取付けの保証ができません。

★ISOFIXってなあに?

シートベルトを使わないチャイルドシートの新しい固定方式
ISOFIX(アイソフィックス)を、一言で表現すると“シートベルトを使用しない新しいチャイルドシート固定方法”です。
国際標準化機構(ISO)が、シートベルト固定タイプの代替として定めた次世代の固定方式で、自動車の後部座席のシートベンチとバックレストの間に設置された棒状の取付金具(ISOFIXアンカー)に、チャイルドシートのコネクターをはめ込む固定方法です。
この方法を採用することで、チャイルドシートは自動車の車体と連結することになるため、万が一の衝撃も軽減することができ、誰にでも簡単・確実に装着できる点が大きな特徴です。

ミスユースを防いでより安全に!
JAF・警察庁の調査(2012年)によると、チャイルドシートを正しく取り付けているユーザーはわずか約40%にすぎず、残りの約60%のユーザーが何かしらのミスユースあると報告されています。つまりチャイルドシートを正しく取り付けられていなにのです。
より安全かつ確実にチャイルドシートを固定することができるISOFIX(アイソフィックス)が誕生した背景には、こうしたミスユースへの懸念があるのです。

★ブランドによって違うの?

(国内メーカー)

[★TAKATA(タカタ)]



日本ではじめてチャイルドシートを作ったメーカーです。
自動車のシートベルトやエアバッグも製造しており、安全性を最優先した設計は高い評価を得ています。
「takata04-ifix」は、チャイルドシートアセスメント(※)で、
乳幼児用・幼児用の両モードで「優」の最高評価
を獲得した優れものです!
※「チャイルドシートアセスメント」とは、国土交通省と自動車事故対策機構が
毎年実施している安全性能試験をさします。
市販のチャイルドシートの前面衝突試験を行い、その試験結果を安全性能の評価して
「優」「良」「普」「推奨せず」の4段階で表しています。




[★Aprica(アップリカ)]



「赤ちゃんの心を大切に」をモットーに掲げる大手総合ベビー用品メーカー。
そんなアップリカのチャイルドシートは、フルフラット(平らな状態)、後ろ向き、前向きと成長に合わせて変えられる「3ステップ構造」が特徴です。
その中でも赤ちゃんに負担が無いようフルフラットで固定できるようにしたのはアップリカの大きな特徴といえます。
その特徴が詰まった「フラディア」シリーズは人気商品です。


[★AILEBEBE(エールベベ)]



カー用品総合メーカー「カーメイト」のチャイルドシートブランド名での「エールべべ」。

カー用品メーカーが手がけているため、車へのフィッティングを調査することにより、取り付けが簡単な構造になっていることが特徴。
ISOFIX対応で、軽量&コンパクトな「キュートフィックス」が大人気!


[★LEAMAN(リーマン)]




数少ないチャイルドシート専用メーカー。
専用メーカーだけあって、新しい安全基準に適合したシートを日本でいち早く発売。
また、現状半数以上の人が正しく取り付けられていない現状に着目し、
簡単に取り付けられるように設計されています。
それに加えて、他のメーカーチャイルドシートより軽量なのが大きな特徴です。
新しい安全基準に適合し、シンプルなデザインの「パミオウーノ」シリーズが大人気!


(海外)

[★GRACO(グレコ)]




1942年にアメリカで、金属製品の会社としてスタートし、今では世界80ヵ国以上において販売されているベビー用品メーカー。
世界レベルでのスケールメリットによる「高品質・低価格」が魅力的!
ISOFIX対応で、従来のシートベルト取り付けにも対応の、「G-FIX」が大人気!

 


 

月齢別で探す

 
ページトップへ